川崎医科大学の一般入試の英語の傾向と対策

2018年04月26日 志望する大学の特徴

川崎医科大学英語

川崎医科大学の英語は、他教科と比べて高得点が取りにくい試験です。今回は試験の傾向と、合格点に達するための対策法を紹介します。

川崎医科大学の英語の試験形式・配点は?

英語の試験の概要を把握するには、まず初めに、川崎医科大学の入試制度を理解することが必要です。

川崎医科大学には、センター試験を利用した入試制度はありません。

川崎医科大学が個別に行う入試制度のみとなっており、次の3つにわかれています。

 

その3つは、推薦入試・一般入試・内部進学入試(附属高校生のみが受験資格を持つ入試)です。(各定員の目安は推薦入試20名、一般入試76名、内部進学生20~25名)

その中でも、多くの方が受験される一般入試について特徴と対策をまとめていきます。

 

第一に、一般入試は、第一次試験と第二次試験の合計により合否が決まります。

 

各試験の内容は、第一次試験では数学、英語、理科2科目、小論文を受験します。

第二次試験では面接を受けます。

このうち、第一次試験の合格判定は、数学、英語、理科の点数が使用されます。小論文は第二次試験の合格判定に使用されます。

 

続いて配点について見ていきましょう。

配点は、数学:100点、英語:100点、理科2科目:150点です。一方、小論文・面接は点数化されません。

理科は1科目に直すと75点満点となるため、点数比率としては、数学:英語:理科①:理科②=4:4:3:3となります。

この点で、私立大学の多くが数学:英語:理科①:理科②=4:4:4:4であることを鑑みると、川崎医科大学の理科の配点は低いといえます。

そのため、川崎医科大学は私立大学の中では、英語・数学が得意な人が有利な配点であることに注意してください。

 

英語に関しては、2015年度以降に現行の試験形式である、大問4つの構成になりました。

大問ごとに語彙・文法、語句整序、長文読解等を扱い、それぞれ小問が与えられます。

解答はすべてマークシートで行い、4つの選択肢から正しいものを1つ選ぶ形式です。

制限時間は80分で、小問は例年であれば全部で35問程度出題されます。

川崎医科大学の英語の問題の難易度と合格に必要な得点率は?

それでは、川崎医科大学合格のためには、英語では何点取る必要がるでしょうか?

それを知るために、過去の試験結果のデータを分析してみましょう。

 

川崎医科大学の第一次試験の過去の合格最低点を見てみると、350点満点中、

2017年度:222.5点 2016年度:241.3点 2015年度:245点 2014年度:234.8点

であるため、平均を取ると235.9点となります。

つまり、約67%がボーダーラインとなるため、合計で245点(70%)が目標点となります。

 

結論として、科目別では、数学が苦手な場合は、

数学:60点 英語:75点 理科2科目:110点

数学が得意な場合は、

数学:75点 英語:65点 理科2科目:105点

を目指して準備することをお勧めします。

 

川崎医科大学の英語は、記述式の問題はありませんが、読解問題の文章が長く、設問も本文の表現を言い換えたものになっており、解答に時間がかかるという特徴があります。

そのため、いかに英語が得意な受験生であっても、長文読解で足元をすくわれる可能性は、大いにあることをあらかじめおさえておきましょう。

一方で、語彙・文法についての設問は標準的な難易度であり、しっかりと対策をしておけば高得点を期待できます。

 

これらのことから、いかに語彙・文法等の知識問題を手早く処理し、読解問題に時間を残すことができるかが、得点を伸ばすためのカギとなります。

川崎医科大学の英語の頻出分野は?

2015年度以降の各大問の出題形式は、

【大問1】語彙・文法の知識を問う空所補充

【大問2】語句整序

【大問3】長文中の空所補充

【大問4】長文の内容説明

となっています。

 

ただし、2018年度入試では、大問3が段落整序に変わっていました。

多くの受験生が戸惑ったことが予想されますが、今後もどのような形式で落ち着くか判断することはできないのが現状です。

したがって、川崎医科大学を志望する受験生は、空所補充や段落整序のいずれにも対応できるよう、事前に準備しておくことが求められます。

 

ここからは、大問2~4について、さらに詳細に内容を確認していきましょう。

 

大問2では、日本語の文章に沿った英文になるように、語句整序を行います。

和文が与えられることで、難易度が下がるように考える方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそうではありません。

例えば、日本語につられてしまうと、英語の無生物主語構文を見落とすことがあります。

誤った方向に誘導しようとする問題には、要注意です。

 

大問3では、長文中に空所が設けられており、そこに入る単語を選びます。

まれに文章の内容を踏まえて解答しなければならない場合もあるものの、基本的には文法問題の延長と考えて差し支えありません。

加えて、過去問を確認すると、下線部の同意表現を問う問題も出されている点にも注目です。

 

大問4の読解問題は、特筆すべきは何と言ってもその読む英文の量の多さです。

文章そのものが1000語程度ある上に、設問や選択肢まで英語で書かれています。

さらに、設問も言い回しが本文中の表現と異なっており、どの部分が問われているのか探し出すのに時間が取られることは覚悟しておきましょう。

お勧めの川崎医科大学の英語の対策方法

以上を踏まえて、お勧めの川崎医科大学の英語の対策法をお伝えします。

 

川崎医科大学の英語の難易度は、一部難解な設問もあるものの。全体を通しては標準レベルの問題が多いです。

したがって、12月中旬までは、市販されている語彙・文法、長文読解の問題集や参考書をマスターすれば、十分に対応できる力はつきます。

 

その中でも、長文読解の問題集に取り組む時には、英文を読むスピードを意識してください。

上述のように、試験本番ではかなり長い英文を処理しなければなりません。

先に設問を読んでから長文を読み始め、該当箇所が出てきたら周辺を読み込んで解答を導くといったような、小手先のテクニックでは足元を掬われる可能性があるためやめておきましょう。

必ず冒頭から最後まで文章に目を通し、素早く全体の概要を把握できるよう練習しましょう。

 

また、文法書に関しては、『Evergreen』(いいずな書店)を推薦します。

有名文法書『Forest』の改訂版で、『Forest』の内容を踏襲しつつ、より使いやすさが追求されています。

『Evergreen』は参考書のように一から読み込むではなく、問題を解いていて疑問に感じた点を解決し、関連事項と一緒に知識を補充するといったように、辞書的に使うと効率的です。

 

単語帳に関しては、『速読英単語 必修編』『速読英熟語』(Z会出版)等で十分です。

ただし、長文で医療福祉系の文章が出題されることも多いため、余力があれば念のため専門単語の勉強もしておくと安心です。

『医師薬系の英単語』(赤本メディカルシリーズ)等が出版されていますが、あくまでも一般の単語帳をマスターしてから手を出すようにしてください。

 

次に、12月中旬までに、以上の内容を終えたら、第一次試験までは、ひたすら川崎医科大学や他の私立大学の過去問を使って演習を繰り返しましょう。

特に、2015年度以降は現行の形式となっているため、本番同様、制限時間を計って取り組み、時間配分やマークシートの練習を意識してください。

それ以前の過去問でも、語彙・文法や空所補充といった大枠の出題形式に変わりはないため、参考としてできる限り多く解くことをお勧めします。

 

さらに、他の私立大学の中で、英文の分量が多いものをピックアップして、読解問題だけでも良いので解くことも練習になります。

 

演習を通じて、間違えた問題から抜けている知識を埋め、穴をなくしていく作業で最後の総仕上げをしましょう。

そうすれば、対策をしっかりしてきたという自信と、事前情報により、本番に落ち着いて臨めるはずです!

 

 

 

Amazonで墺 タカユキ, 鈴木 希明, 川崎 芳人の総合英語Evergreen。アマゾンならポイント還元本が多数。墺 タカユキ, 鈴木 希明, 川崎 芳人作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また総合英語Evergreenもアマゾン配送商品なら通常配送無料。
Amazonで風早寛の速読英単語1必修編。アマゾンならポイント還元本が多数。風早寛作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また速読英単語1必修編もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
Amazonで岡田 賢三の速読英熟語。アマゾンならポイント還元本が多数。岡田 賢三作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また速読英熟語もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
Amazonで久米 芳之, 友成 好伸の医歯薬系の英単語[改訂版] (赤本ポケットシリーズ)。アマゾンならポイント還元本が多数。久米 芳之, 友成 好伸作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また医歯薬系の英単語[改訂版] (赤本ポケットシリーズ)もアマゾン配...

まとめ

川崎医科大学の英語の傾向と対策法の要点は、

①大問4つに対して、制限時間は80分

②解答は4つの選択肢から正しいものを1つ選び、マークシートで解答する形式

③マーク数は全部で35問程度

④英語の目標点は数学が苦手な場合は75/100、数学が得意な場合は65/100

⑤読解問題の英文が長く、時間がかかるため、知識問題をいかに早く解けるかがカギ

⑥各大問で扱われるテーマは、

【大問1】文法・語彙の知識を問う空所補充

【大問2】語句整序

【大問3】長文中の空所補充(段落整序の可能性もあり)

【大問4】長文の内容説明⑥長い文章を読んで解答する問題が特徴的

⑦具体的な対策法は、

【12月中旬まで】

・市販の語彙・文法、長文読解の問題集や参考書、単語帳を使って、標準レベルの問題をマスターする

・『Evergreen』で疑問点はその都度解決する

・余裕があれば、医療福祉系の単語帳も取り組む

【第一次試験まで】

・川崎医科大学の過去問に取り組む

・長い英文を出す私立型の読解問題で練習をする

の7つがポイントです。

 

川崎医科大学の英語は決して簡単ではありません。

しかし、しっかりと傾向を把握し、取るべきところで得点をできれば、合格することができる試験です。

 

漫然と勉強するのではなく、具体的に合格への道筋をイメージして、一歩ずつ着実にゴールに進んでいきましょう!

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント
お名前 *
メールアドレス *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP