京都府立医科大学の物理の傾向と対策

志望する大学の特徴

京都府立医科大学物理-min

先日、「京都府立医科大学の数学の傾向と対策」において、難易度の高さを強調しました。物理も同様ですが、解き進め方には大きな違いがあります。
 本日はその京都府立医科大学の物理について、解き進め方の注意点を含め、これまでの傾向と具体的な対策法を紹介します。

京都府立医科大学の物理の試験形式・配点は?

はじめに京都府立医科大学の入試制度について見ていきましょう。

 

 京都府立医科大学医学部の入試は一般選抜(100名)および特別選抜(学校推薦型選抜)(7名)に大別されます(カッコ内は募集人員)。本記事では最も受験者の多い、一般選抜について取り扱います。

 

 一般選抜では大学入学共通テストと大学が課す第二学力試験の合計得点で合否が決まり、国公立の医学部受験における典型的な制度が採用されています。各試験の科目と配点は、

【共通】国語:100点 社会:50点 数学:50点×2 理科:50点×2 英語:100点

【二次】数学:200点 理科:100点×2 英語:200点 面接・小論文:得点化なし

となっています。共通テスト450点、第二学力試験600点の計1050点満点です。

 

特に2021度の医学部受験生が抱える不安として、これまでのセンター試験に変わり、共通テストが導入されることが挙げられるでしょう。どの大学を受けるかに関わらず昨年度からの変更点は必ず事前に調べておくべきですが、京都府立医科大学に関しては英語の筆記試験とリスニング試験の配点比率が1:1(これまでは4:1)となった点は押さえておかなければなりません。

 

 さらに、第二学力試験においても2021年度に変更があり、筆記試験に小論文が追加されています。小論文は得点化されませんが、面接試験で用いられるため、苦手意識のある方は看護学科の小論文の問題等を参考に、予め対策をしておくことをおススメします。

 

 ちなみに入学志願者が募集人員の3倍を超えた場合、共通テストの成績により第一段階選抜を行うとされていますが、ほとんど実施されていません。また、面接試験で医師および研究者となるにふさわしい資質、適性を欠くと判断されれば、学科試験の成績にかかわらず不合格とすると明記されているので、注意が必要です。

 

 その中で物理に関しては例年、大問3つで構成されています。制限時間は2科目で150分とやや長めですが、答案には導出過程も求められており、また問題数が多いため時間的余裕はありません。

 

 難易度は高めで、高得点を取るのは至難の業です。数学も高難易度ですが、冒頭でお伝えしたとおり、数学と物理では解き進め方に大きな違いがあります。その原因は物理の設問数の多さにあります。数学では一題ずつじっくり考えて部分点を積み上げていくイメージですが、物理では解ける問題を手早く処理していくことが求められるのです。難しい問題を解ききることにこだわらず、受験生の正答率の高い問題を確実に得点していくことを心掛けましょう。

京都府立医科大学の物理の問題の難易度と合格に必要な得点率は?

続いて、京都府立医科大学の過去の合格最低点のデータや他の科目の難易度をもとに、物理では何点を取ればよいか考えてみます。

 

京都府立医科大学の合格最低点は、現行の1050点満点になった2017年度以降は、

令和2年度:657.3点 平成31年度:669.6点 平成30年度:690.0点 平成29年度:713.9点

となっています。したがって、年度にもよりますが700点(約67%)取ることを目標とするのが良いでしょう。

 

 ここで共通テストの得点帯に大幅な変動がなく、さらに共通テストの得点が450点中380点(約84%)であったと仮定すると、第二学力試験では600点中320点(約53%)得点できれば合格点に達します。これを踏まえて各科目の難易度も考慮して、第二学力試験の各科目の目標点を設定すると、

数学:110点 理科:100点 英語:110点

とするのが良いでしょう。

 

 理科では2科目合計で100点なので、選択科目間に得意・不得意の差がなければ、物理では50点(50%)が目標となります。上述のように時間との勝負となるため、どの問題から手を付けるべきかという「選球眼」を養うことが欠かせません。

京都府立医科大学の物理の出題傾向は?

それでは、京都府立医科大学の物理では、どのような問題が出されるのでしょうか?

 

 全体的な話としては、ここ5年を見ると第1問は力学、第2問は電磁気、第3問は波動、熱力学、原子の中から1題が出題されている点は押さえておきましょう。

 内容については、パターンに当てはめて解けるものはほぼありません。基本的な理論や現象の知識は前提として、さらに複雑な状況設定が与えられることがほとんどです。説明文を読んでその場で教科書に載っていない公式等の理解を求められるため、理論や現象を抜きにして公式を覚えて臨んでも歯が立たないでしょう。

 

 上記を踏まえて、各単元の頻出テーマをまとめていきます。

 

【力学】

 毎年必出で、特定の分野に偏りなく出題されています。ただし力学でも公式の丸暗記で対応できる問題は少なく、理論と現象を結び付けておかなければなりません。さらに理論に基づいて現象を導き出すだけでなく、予め現象(2物体の運動は重心運動と見なせる等)を知っておくことが役立つため、大学の過去問等を通して知識を増やしておきましょう。

 

【電磁気】

 こちらも必出の単元で、コンデンサーの性質および交流に関する問題がよく出されています。特に京都府立医科大学では、複雑な計算が課されることが多々あるため、交流回路でみられるような三角関数の処理にも慣れておくことが肝要です。

 

【波動】

 波動ではドップラー効果が頻出です。ここ5年では他の大問に比べると、解きやすい内容でした。しかしながら、今後は難易度の高い問題が出されることも十分に予想されるため、波動についても応用的な問題にも対応できるよう準備しておくことをおススメします。

 

【熱力学】

 熱力学はそもそもいわゆるパターンが少ないため、医学部受験では対策しやすい範囲と捉えられがちです。ところが実際は、パターンが少ないがゆえに上述のような、初めて見る状況設定のもと説明文の誘導に従って設問を解かせる問題が頻出となっています。そのため、論理や現象の理解を深めたうえで、入試問題を使った知識を応用する訓練が不可欠です。

 

【原子】

 他の単元と比較すると頻出度は下がりますが、この5年で1度出題されています。国公立の医学部受験では後回しにされることが多い単元ですが、京都府立医科大学を受験するのであれば、少なくとも典型問題は確実に解けるように対策しておかなければなりません。

お勧めの京都府立医科大学の物理の対策方法

最後にこれまでの内容から、京都府立医科大学の物理の対策に必要な具体的な勉強法をお伝えします。

 高難度の試験に立ち向かうためには、念入りに準備をしなければなりません。とはいえ最初から難しい問題でトレーニングをすればよいというわけではなく、計画的にステップアップしていくことを意識してください。そこで10月までの基礎を固める時期、センター試験までの実践力を高める時期、第二学力試験までのラストスパートの時期の3つに分けて考えてみましょう。

 まず10月までの基礎固めでは、物理の各単元のパターン問題の解き方を身に付けてください。繰り返しお伝えしているように、本大学では説明文を読んで応用的内容を理解しなければならない問題も見られますが、基礎の理解なくしては太刀打ちできません。また、答案では導出過程も求められるため、論述に不安があるのであれば模範解答の流れを真似することから始めてください。

 この時期の勉強に最適な問題集は、『良問の風』(河合塾シリーズ)です。医学部受験に限らず、多くの受験生に愛用されている1冊で、重要問題が網羅的に掲載されています。しかしながら、良問であるがゆえにテーマが絞られた問題が中心となっています。そのため京都府立医科大学の物理のように、複合的なテーマが絡み合う難問を解くにはさらなるレベルアップが必要です。そこで『良問の風』を10月までに完成させて、次なるステップに進みましょう。
なおこの問題集の特徴は「「良問の風」の医シュラン!医学部受験で勝つ問題集の使い方」に詳しいのでご参照ください。さらに、より詳細な問題集の使い方についても、過去記事「実力をつけるための問題集のトリセツ!効果的な11個の使い方」で紹介しているので、ご一読ください。

 次に基礎が固まった後、センター試験までの期間は、応用力を高めることを主目的として勉強をしてください。もちろん難しい問題を解けるようになることが一番ですが、問題の難易度を見分ける「選球眼」を養うのもこの時期です。高難度の問題にたくさん触れることで、解くのにどれくらいの時間がかかるか、どの程度の医学部受験生が解けるか、といったことが「選球眼」のカギです。

 応用力強化には、『名問の森』(河合塾シリーズ)がおススメです。こちらは『良問の風』の続編ともいえる問題集で、解説や単元構成にも一貫性があるため、スムーズに次の段階に進むことが可能です。大学入試の過去問をベースとした問題が収載されており、難易度も高いものが並んでいるので、分からない問題がなくなるまで繰り返し取り組みましょう。

 最後にセンター試験終了後は、総仕上げに移ってください。具体的に行っていただきたいのが、
・過去問の分析
・過去問を用いた実戦演習
・問題集を用いた苦手分野の克服
の3つです。

 過去問分析は問題の傾向を知ることができるだけでなく、残りわずかな期間で何を対策すればよいかが分かるための大事な作業です。過去5年分程度にざっと目を通し、出題単元や特徴的な設問をとらえていってください。

 過去問分析が終わったら、実際に京都府立医科大学の物理の過去問にチャレンジしてください。このとき必ず時間を計って解くことを忘れないでください。本番は時間との勝負になるため、これまで培ってきた「選球眼」を駆使しながら、解き進め方も意識しましょう。

 同時に克服できなかった苦手分野の強化にも努めてください。残りおよそ1カ月半という短い期間なので、コストパフォーマンスのよい単元、すなわち自分が苦手でかつ出題頻度の高いものから手を付けていくのがポイントです。

まとめ

京都府立医科大学の物理の傾向と対策法のポイントは、

①共通テストの英語の配点比率の変更および小論文の追加に注意

②大問3つで構成され、答案には導出過程も求められる

③制限時間は2科目で150分だが、時間的余裕はない

④目標は200点中100点

⑤頻出の分野は、

【力学】バランスよく出題される、理論と現象を結びつけることが大事

【電磁気】コンデンサーの性質、交流、三角関数の計算を練習しておく

【波動】ドップラー効果

【熱力学】説明文の誘導に従って解き進める問題が出される可能性が高い

【原子】出題頻度は低い、典型問題は確実に解けるようにしておく

⑥10月までは基礎固めとして、パターン問題の解法を身に付ける

⑦センター試験までは、応用力や「選球眼」を養う

⑧センター試験以降は、

・過去問の分析

・過去問を用いた実戦演習

・問題集を用いた苦手分野の克服

を行う

の8つです。

 

どの科目も苦戦を強いられる京都府立医科大学ですが、余裕をもって合格するのはほんの一握りです。試験本番では難しい問題を前に不安が募るかもしれませんが、貪欲に1点でも多く点数をもぎ取る姿勢を貫いてください!!

 

 

本記事内で登場した過去のオススメ記事

「京都府立医科大学の数学の傾向と対策」


 

「「良問の風」の医シュラン!医学部受験で勝つ問題集の使い方」


 

「実力をつけるための問題集のトリセツ!効果的な11個の使い方」


 

京都府立医科大学の過去問題やその他の教科の傾向と対策

 こちらのページで過去問を無料で閲覧できます

 また、その他の教科の傾向と対策についても見ることができますので、

 ご参考にしてください。

京都府立医科大学の過去問ページ

京都府立医科大学ホームページはこちら2019(平成31年度)英 語 数 学 化 学 物 理 生 物2018(平成30年度)英 語 数 学 化 学 物 理 生 物2017(平成29年度)英 語 数 学 化 学 物 理 生 物2016(平成28年度)英 語 数 学 化 学 物 理 ...

 

本記事で登場したお勧めの問題集・参考書

『良問の風』(河合塾シリーズ)

 

『名問の森』(河合塾シリーズ)


コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント
お名前 *
メールアドレス *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP